頑張らない!挫けない!マイペースでキレイなカスタムライフメディア

美的習慣|毎日が美的習慣なら頑張らなくてもキレイなカスタムライフメディア

化粧品成分

シリコンの何がダメか知ってる?

更新日:

シリコンの何がダメか知ってる?

「シリコーン不使用(ノンシリコーン)を選ぶ」ことが、化粧品やヘアケアを選ぶ掟(おきて)になっていますよね。

ところで、どうしてシリコーン不使用を選ぶことが常識になったのかをご存知ですか?

あなたはが、シリコーンフリーのヘアケアやスキンケアを選んでいるのはなぜですか?

  • みんなが使わなくなったから?
  • コマーシャルでシリコーン不使用が良いと広告しているから?
  • シリコーンが毛穴に詰まると頭皮に悪影響があってニキビの原因になるから?
  • 髪の毛や頭皮がシリコーンでコーティングされると栄養が行き渡らないから?
  • パーマやカラーリングの施術前に使うと薬剤の効きが悪くなって失敗の元になるから?

色々な情報が氾濫していて、理由もフワッとしていますよね...

なぜシリコーンが「悪い」と言われているのかを正しく理解すれば、本当に注意すべきポイントが見えてきますよ◎

シリコーンの正しい知識を知ろう

シリコンとシリコーンは、名前が似ているので、同じもののように感じてしまいますが厳密には違いがあります。

シリコン・・・ケイ素(Si)という金属元素の名前です。

シリコーン・・・ケイ素と酸素のくり返し構造をもった高分子化合物のことです。

化粧品に配合されているのは、シリコーンなのですが、シリコンと広告表示されているのをよく見かけますね。

化粧品成分表記では、ジメチコン、アモジメチコン、シクロペンタンシロキサン、トリメチルシロキシフェニルジメチコンなどと表記されています。

↓こういうのよく見かけますが、ハッキリ言って何のことやらさっぱりわかりませんよね(^^;

種類

表記例

役割

配合目的

シリコーン

ジメチコン

アモジメチコン

シクロペンタシロキサン

トリメチルシロキシフェニルジメチコンなど

保護、整肌

溶解、分散、感触調整、撥発、撥油、ツヤ出し、消泡

もう少しわかりやすく何にどういう目的で使われているものなのかを解説します。

シリコーンが毛穴に詰まるとニキビができるって本当?

「シリコーン入りの化粧品やヘアケア製品を使うと毛穴が詰まってしまう」とか「シリコーンでコーティングされてしまうために皮膚呼吸が妨げられてしまう」「油分が毛穴に詰まってニキビの原因になる」などの噂もあるようです。

化粧品やヘアケア製品、メイクアップ用コスメの使用感を改善する目的でごく少量が配合されています。

シリコーンは、他の油性成分に比べても酸素透過性が高いことから皮膚呼吸を妨げるような危険性はありませし、安全性が高いことが確認されている成分です。

さらにシャンプー後には洗い流すので、頭皮や髪の毛に大量に残って悪影響を与えることは考えにくいですね。

スキンケアに使われることが多い

シリコーン

ジメチコン
  • 油の特徴であるベタつきやギトギト感がない
  • さらっとした使用感
  • 被膜を作り、水はじきがよいため、ハンドクリームによく使われる

ヘアケアに使われることが多い

アモジメチコン
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン
アミノプロピルジメチコン
  • 付着性が高いシリコーン毛髪にツヤができる
  • 毛髪表面に保護膜を作りダメージから保護する
  • 洗い流さないトリートメントにもよく使われる
  • シャンプー時のキシミ感を抑えるために配合されるため、シャンプーではシリコーン不使用のものが多い

もちろんメイクアップ用のコスメにも配合されています◎

こう見ると、心地よい使用感のために配合されていることがわかりますよね。

種類

メイクアップ用コスメに使われることが多い

例えば…

シリコーン

トリメチルシロキシフェニルジメチコン
フェニルトリメチコン
ハイドロゲンジメチコン
粉が肌に均一に広がり密着させる働き
汗に強くて崩れにくい
 →ウォータープルーフの働きを助ける
化粧下地
日焼け止め
ファンデーション
シクロペンタシロキサン 揮発性が高く、肌の上に塗ると蒸発して粉だけを残す
→べたつかない
日焼け止め
リキッドファンデーション

シリコーンは油の仲間?だけど油分不使用の化粧品にも配合されている

ニキビが気になる肌質の方の場合は、オイルフリー(油分不使用)の基礎化粧品を選ぶかもしれませんね。

実はサラっと快適に使えるオイルフリーの基礎化粧品シリーズにもシリコーンが配合されている可能性が高いのですよ◎

当サイトでは、シリコーンが水に溶けない性質を持っているため油性成分の一種(油の仲間)と表現していますが、シリコーンは油にも溶けにくい性質を持っています。

このことからシリコーンは油ではないという分類をするメーカーもあって、油分不使用(オイルフリー)の基礎化粧品にシリコーンを配合している場合があるのです。

(決してこれが悪いとか騙しているということを言いたいのではありませんので誤解されないように!)

各メーカーは、シリコーンが持つたくさんの特性を活かして使い心地や肌への負担を減らす努力をしているということですね。

シリコンが原因でパーマ・カラーリングに失敗する?!

パーマやカラーリングを定期的にする場合には、パーマやカラーリングなどの施術の数日間はシリコーン入りのトリートメントの使用を控えたほうが良いです。

そもそもシリコーンは油性成分の一種で、ジメチコン簡単な言葉でいうと油(あぶら)の仲間なので、表面をコーティングして保護するという役割をもっています。

シリコーン配合のトリートメントを使うと、毛髪の表面のキューティクルが均一に整い、保護されてツルツルした触り心地に仕上がるんですよね。

これは都市伝説のような話ですが、シリコーンが悪役に陥った原因のひとつに「パーマ施術前禁止説」というものがあります。

「美容室でパーマやカラーなどの施術前にシリコーン入りのトリートメントを使用すると薬剤の効き目が落ちてしまうから、シリコーン入りのトリートメントや洗い流さないトリートメントは使わない方がいいよ」とアドバイスされていた話の、一部分だけが広まってしまったという説です。

「カラーやパーマの施述前の数日間は、シリコーン入りのトリートメントを使わない方が良い」というのは事実です。

しかし、噂が口コミとして広まる時に「シリコーン入りは使わない方が良い」という風に広まってしまったのではないか?という説があります。

シリコーン入りのトリートメントだけではなくてシャンプーまでが悪いものになってしまったのですね。

髪の毛がシリコーンでコーティングされると栄養が行き渡らないって本当?

シリコーンのヘアケアを使い続けると毛髪や皮膚は油膜でコーティングされます。

シリコーンは油性成分の一種なので、水を弾くため、コーティングされた部分は水や汗をはじくようになります。

良く言えば「保護膜」ですが、悪く言えば「栄養が浸透しない」という表現もできますね。

髪の毛について言えば、死んでいる細胞なので、栄養を補給しても吸収や消化することができません。

しかし、毛髪の表面(キューティクル)をコーティングして、なめらかに整える目的で配合されています。

シリコーンが原因でパーマ・カラー・ブリーチに失敗?!

パーマやカラーリングの施術の数日間はシリコーン入りのトリートメントの使用を控えたほうが良い理由を想像できますか?

パーマをかけるときには毛髪の内部構造を切断する「還元剤」や再結合させる「酸化剤」を使います。

カラーリングするときには「毛髪内部の色素分解のために「ブリーチ剤(脱色剤)」や「カラー剤」を 使用します。

髪の毛がシリコーンでコーティングされていると、パーマやカラーリングに使う薬剤が浸透しにくくなってしまうことがあるのです!

だからパーマやカラーリングを定期的にしたい場合には、パーマやカラーリングなどの施術の数日間はシリコーン入りのトリートメントの使用を控えたほうが良いですよ。

あなたがパーマやカラーリングを定期的にすることがわかっているのであれば、シリコーン不使用のヘアケア(特にトリートメントや洗い流さないトリートメント)を選ぶことに意味があるといえますね。

逆にパーマやカラーリングをしないのであれば、シリコーン不使用にこだわる理由について考え直してみることをおすすめします。

何を基準に選んだらいいんだろう…と、難しく考えることはなくて、使い心地やコスパや香りなどで自分にあったアイテムを選べばいいわけです。

-化粧品成分

Copyright© 美的習慣|毎日が美的習慣なら頑張らなくてもキレイなカスタムライフメディア , 2019 All Rights Reserved.